髪の悩みといえば白髪です

髪に関しての悩みといえば、今までは「少ない」「ボリュームがない」「痛みやすい」「全体に茶色くなりやすい」といったことが主だったのですが、最近はすっかり白髪に悩むようになりました。

実をいえば、白髪の数はかなり少ないです。もし抜いたり切ったり染めたりしていない状態だとして、鏡をみてぱっと気がつく本数は5本もない程度。内側にはもっとあるかもしれませんが、外側にはそれくらいです。周りの友人たちには、30代になった頃からすぐ「月に1度は美容院にカラーリングにいっている」というような人も多いので、それに比べたら贅沢な悩みなのかもしれませんが、その数本の白髪というのが非常に目立つのです。

ちょうど頭頂部から前に落ちる感じで生えていることが多いので、目につきやすく、また「白髪ある」という印象が強くなる気がします。白髪に関しては、意外と他人のほうが気がつきやすいのではないかということもあって、悩むようになってしまいました。今のところ気になると抜いていますが、抜くとまた短くなった白髪が生えてくることになり、さらに目立つ結果になっていそうです。

だったらカラーリングをしてしまえばと思いますが、もともと肌が敏感で、カラーリングをしている最中の刺激もかなり辛く、カラーリングをしたあと数日間も頭皮のヒリヒリした痛みに悩まされます。確かにカラーリングをしていた時期もあり、1度全体を染めておくと数ヶ月は白髪が目立たないですむのですが、数本の白髪のためにあの辛さを経験するのもなあとついつい先延ばしにしてしまいます。

刺激が少ないといわれるヘナ染めにも挑戦してみたことがあります。髪が長いため、ひとりでは到底ブロッキングすることができず、友人に手伝ってもらっての施術でしたが、確かに刺激もなく、髪の調子もとてもよくなります。けれどもなにしろ赤くなります。インディゴを相当量混ぜて色を落ち着かせたつもりでしたが、それでも全体はオレンジっぽくなりました。インディゴの量が足りなかったのかもしれませんが、そのあとの洗髪時の感じからして、インディゴは皮膚や髪の毛のたんぱく質には染みこまず、どんどん落ちてしまっているようなので、結果的にはあまり変わらないかもしれません。髪を明るく染めたい方にはとてもむいていると思います。

ヘナでも部分的にさっと白髪を染められるなら使い続けたいと思いましたが、やはり基本的には全体を染めなければならず、準備も手間もコストもかかるというのが結論でした。少ない本数の白髪にも簡単に安全に対処できる方法があれば知りたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です